2014年4月Open

海に面したお宿です。

宮古島の気になるお天気はこちらを

 はじめまして。

『んなとぅ』Hpをご覧いただきありがとうございます。

『んなとぅ』の自慢は、何よりも『居心地の良さ』にあります。

 市内からは30分ほどと少し遠い印象を受けるかもしれませんが、だからこそ自然がいっぱいの環境を

味わうことができます。何色もの青からなる通称『池間ブルー』を眺めながら、池間大橋を渡る贅沢・・・

あまりの美しさにハッとすることでしょう!その大橋から実は小さくですが宿もみえます。

 目の前に海が見えるという恵まれた立地のなか、朝陽、波の音、潮の香り、風の音、鳥のさえずり・・

静寂を感じながら夜空を見上げれば、新月の時には天の川を・・満月の時には月明りを感じることができます。

五感で自然を感じることで日頃の疲れもきっと癒されることでしょう。時には、オカガニが・・時にはヤシガニが遊びに来るそんなほっこりとした宿。今までも・・そしてこれからも!何度でも足を運びたくなる・・

『ただいま~!』と帰りたくなる島の我が家を目指し、奮闘しております。

どうぞいつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。ご予約お待ちしております。~皆様との出逢いを楽しみにして~

3月消毒2.JPG

​★8月となりましたので、R5年2月までのご予約承ります。

★スタッフ(私1名のみですが)2/15 三回目のコロナワクチン接種済
 

新年のご挨拶

 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

2021年は平日隔週の宿として再開しましたが、2022年は以前の形態に戻し、

引き続き一人運営の継続とお客様と私自身の健康、安心、安全を守りながら、運営して参ります。

 又、『SDGs』に関しても今後も意識しながら少しづつできることをお客様にも

ご理解して頂きながら進めていきたいと思っております。

 昨年よりもさらに多くの皆様にお逢いできますことを願って・・・

またopen当初から掲げている『ただいま~』と帰りたくなる宿を柱にお客様がより快適により笑顔溢れる宿

として皆様に愛されるよう邁進して参ります。

 本年もどうぞどうぞよろしくお願い致します。

​                                        んなとぅ 大関正代

ご来島の際には、事前のpcr検査やワクチン接種証明書等ご理解・ご協力下さいますようお願い致します。)

 
<新型コロナウイルス感染予防対策について>
     2022年1月9日更新

*感染予防のため、手指消毒液を設置→玄関・洗面所・キッチン
(玄関→非接触型温度測定・消毒機)

*スタッフ対策として手洗い・うがい・マスクの着用・定期検温の実施
*お客様への対応に際し、マスク着用(状況により手袋)
 できる限りソーシャルディスタンスを確保します。
*清掃・除菌消毒をより徹底することに努めます。
*清掃時には換気を十分にし、
またお客様のご利用がない時にも定期的に換気・掃除やアルコール消毒等
清潔を保っていきます。


<お客様へ>~感染予防へのご協力をお願い致します。~
*来島前に体調不良を感じた場合は来島自粛を御願い致します。
*チェックイン時に検温・アルコール消毒
のご協力お願い致します。
必要に応じたマスクの直用をお願い致します。
*滞在中の定期的な換気を御願い致します。
*滞在中に体調不良を感じたときにはすぐにご連絡下さるよう
 お願い致します。
*キャンセルについて⇛新型コロナウィルス予防対策においてのキャンセルにはキャンセル料はかかりません。(振込手数料を差し引いた分の返却となりますことあらかじめご了承ください。)
 
<施設内で変更になっていること>できることから少しずつ
箸⇛竹の箸(プレゼント)
 スプーン・フォークに関しては使い捨てとなっております。

※歯ブラシ⇛竹の歯ブラシに変更
*洗面台・キッチンの手拭きタオル等は使い捨てのペーパータオルを使用。
*基本的な調味料⇛ご利用再開(油・砂糖・塩・醤油・酢・塩コショウ)
*トイレのウォシュレット⇛使用禁止⇒ウォシュレットなしの便座に変更。
*トイレのスリッパ⇛使い捨てとなっております。
 
どうぞご理解・ご協力お願い致します。


 

宮古島地方気象台
ホームページ

 
池間ブルー
トライ3
カギンミ
ナカマグスヌヒダ
イキズービーチ
サンライズ
プルメリア
ヤビジ2
イキズービーチ
フナクス
幻想的
池間大橋たもと
池間大橋を眺める
池間ブルー
秋の気配
秋冬もハイビスカス
日の出とススキの穂
あがるよ、上がる
イソヒヨドリとシーサー
日の出
「んなとぅ」とは、池間島の古語で「港」という意味です。
んなとぅの目の前は青い海。
テラスからは行きかう船を望み、
海洋民族の島と言われる池間島の息遣いを感じながら...
船が港から出て帰るように、
ここが、旅の始まりの場所となりますように。